天理高校が負けて残念無念・・

 長らく、SNS 日記をサボっていました。

書きたいことは 色々 有ったのですが、睡魔に負けて時間がなく、カラスウリの花も、

終わりそうですが咲いているのに、気付いたら二週間もブランクになっていました。

 処で、甲子園の準決勝ですが、天理高校が逆転のチャンスを前に負けました。

天理市は、私たちが結婚した当初に住んでいた街です。そこを出てから、5年目に、

また 移転して住んだ街で、息子たちは天理幼稚園や天理小学校にも行きました。

 今はどうか知りませんが、当時、天理教の信者でなくても入れたのです。幼稚園や

小学校の設備も良く、給食など全校児童が大食堂で食べる行き届いたシステムで、

メニューも、天理教本部のお供えが廻されて来て初物が出たりしていました。

 子供のピアノやバイオリンも、無料で個人レッスンが受けられ、楽器も貸して貰えて、

発表会にお金を出した覚えもありません。天理図書館は、日本有数の規模で有名ですし

天理参考館も民俗学・考古学系の博物館で、楽しめました。

 そんなこんなで、第二の故郷の気分。高校野球は天理を応援していました。

点取り合戦の試合でしたが、負けてしまい、残念無念です。ウチのどこかの箱の中に、

子供用の天理教の黒い小さな半纏が、仕舞われています。懐かしい街です。

 天理教本部の予算の方が、天理市の予算よりずっと多いと聞きました。それも、

天理に引っ越して初めて聞きました。官舎のアパートは、田圃の中に在りベランダから

大和三山(香具山・畝傍山耳成山)が見えていました。

 そんな懐かしい天理が負けて、本当に残念でした。

余談ですが、お正月に、夫と私が作った立体凧を 平城宮趾に揚げに行ったら、丁度、

凧揚げ大会だったらしく、参加もしてないのにウチの凧が優勝したのです。良く揚がる

と思い、タコ糸を沢山買って行ったのも良かったです。

 凧は、雲一つない青空に 揚がるだけ揚がり、宙空に小さく留まり、紐はダランと

垂れ下がり、引いても動かない状態になっていました。男の人が、向こうから走って

くるので何かと思ったら、息急き切って「お宅が優勝です!」と言われ 驚きました。

 賞品はノートや鉛筆でしたが、サプライズのお年玉になりました。

そんな思い出の天理が負けて、ホントに残念。何度考えても、惜しかった試合でした。