【将棋】藤井聡太四段30勝目!仕切り直しで中田功七段を破る

藤井聡太四段が30勝目!

仕切り直しで中田功七段を破る

将棋の史上最年少棋士で中学3年生の藤井聡太四段(14)が6日、大阪市福島区関西将棋会館で行われたC級2組順位戦で、後手の中田功七段(49)に勝ち、通算30勝目を記録した。

今月2日の竜王戦トーナメント2回戦で佐々木勇気五段(22)に敗れ、昨年12月のデビューからの歴代最多連勝記録が「29」でストップして以来の対局。

仕切り直しとなる一戦で、佐藤天彦名人(29)の師匠でもある古豪・中田七段を破り、“新章スタート”を印象づけた。

 

気分転換のためか藤井四段は、トレードマークだったライトブルーのリュックサックではなく、黒のリュックを手に対局場へ。

序盤は自玉を穴熊でがっちり囲ったが、ベテランらしい攻めを受け、次第に劣勢に。

それでも、持ち前の終盤力で勝利した。

昼食はカレーうどん定食、夕食は親子丼を食べ、持ち時間6時間の長丁場をしのいだ。

 

次回公式戦は11日の加古川青流戦で都成竜馬四段(27)と対戦する。

過去、2回下した相手から3勝目を挙げて、再びの連勝街道に結びつけるか。