2017MLBFIRSTYEARPLAYERDRAFTREVIEW

今回は毎年やっているドラフト特集。

過去に開封した商品の中から、今年のドラフトで指名されたAUTO所有の選手を紹介します。

今年のドラフトは初日の配信を見ることが出来ました。マリナーズは全体17位指名権を持っており、ケンタッキー大の一塁手EVANWHITEを指名。

普通、一塁手はパワー重視のポジションですがこの人はそこが一番弱点だそうで(;)しかしそれ以外のツールは平均以上、特に守備力はゴールドグラブ賞級とのこと。現状、一塁には長期契約中の選手はいないので、チャンスをものに出来れば早いうちにメジャーで見られるかも知れません。

COLTONSHAVERアストロズ指名、39巡目全体1171位

2013LEAFPERFECTGAMESHOWCASEより。

高校生の有望株を特集した商品ですが、年月が経ってブリガムヤング大の三塁手として指名されました。2017年度ドラフトでは合計1205名が指名されたので、いよいよ最後の方ですね。

6月21日に契約を済ませ、ルーキー級でプレーしています。

JJSCHWARZレイズ指名、38巡目全体1129位

2015PANINIUSAより。

MLBCOMのランキングでは171位だったので、驚きの下位指名でした。調べても分かりませんでしたが、各チームに指名を回避される理由があったんでしょうね。現在3年生なので、来年のドラフトを待つという手もあるでしょう。何にせよ、彼のAUTOを3枚も持っているので頑張って欲しいです(;A

BRENTDIAZブルワーズ指名、29巡目全体864位

2013LEAFPERFECTGAMESHOWCASEより。

彼についてはあまり情報がありませんでした。彼も契約を済ませ、ルーキー級でプレーしています。

KEEGANTHOMPSONカブス指名、3巡目全体105位

2012PANINIELITEEXTRAEDITIONより。

昨年もタイガースから33巡目、全体985位指名されていた選手。トミージョン手術を受けて2016年中はプレーできず。そのため下位での指名契約せずでしたが、2017年は大幅にジャンプアップ。写真とは違い実際には投手で、特にカーブが高評価。

RYANVILADEロッキーズ指名、2巡目全体48位

2014PANINIUSAより。

ロッキーズフリーエージェントのIANDESMONDと契約した関係で、この全体48位が最初の指名でした。引いた当時15歳以下代表のVILADEは、アンダーアーマー主催のホームランダービーで優勝するなどパワーに高評価。

父親オクラホマ州立大の野球部スタッフなので、進学の可能性もありましたがプロを選択。マイナーでは既にホームランを打っています。

GREGDEICHMANNアスレチックス指名、2巡目全体43位

2013LEAFPERFECTGAMESHOWCASEより。

昨年もツインズから26巡目、全体783位指名を受けましたが契約せず。高校時代は、3年連続でルイジアナ州で最も多くのホームランを打つなどパワーを発揮。7月1日に契約。

ADAMHASELEYフィリーズ指名、1巡目全体8位

2013PANINIUSAより。

バージニア大の外野手で、全体8位指名は同校の歴史上5番目の高位での指名となりました。ちなみに最高位は2011年に全体2位でマリナーズが指名したDANNYHULTZEN。即戦力と評価されていた投手ですが、いまだにメジャーで投げていませんね。手術をして2018年の復帰を目指しているそうもしかしたらHASELEYの方が早くメジャーに到達するかも。

HASELEYは既に510万ドルで契約済み。パワー以外はすべて平均以上という評価で、A級でプロのキャリアをスタートするようです。

------------------------

この記事を書くうえでのAUTOの主な供給源だったPANINIUSASETですが、2016年度は発売されませんでした。なので、今年はもしかしたら記事にできるほどの内容が無いかもと思っていました。

結局、なんとか記事にはできたので良かった。来年こそはタネ切れかも。