<都議選>自民都連会長「稲田氏発言、選挙結果に影響した」

自民党の劣勢が伝えられ、厳しい表情を見せる同党の下村博文・東京都連会長=東京都千代田区の同党本部で2017年7月2日午後8時35分、長谷川直亮撮影

 自民党下村博文都連会長は2日、民放テレビ番組に出演し、都議選の結果について「非常に厳しい予想になりそうだ。国政の問題が都議選に直結し残念。すぐに撤回されたが、残念ながら影響があった」と述べ、稲田朋美防衛相が応援演説で「自衛隊としてもお願いしたい」と発言したことなどが選挙戦の結果に影響したとの見方を示した。

 また、公明党が都議選で、自民党と対立する小池百合子知事が代表の「都民ファーストの会」と選挙協力したことについて、「国政では安倍晋三政権下において、(自民党公明党は)これからも揺るぎない関係が続くと思う」と語った。